新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【原文】 源氏の君は、御あたり去りたまはぬを、ましてしげく渡らせたまふ御方は、え恥ぢあへたまはず。いづれの御方も、われ人に劣らむと思いたるやはある、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
現代とで意味の異なる言葉 古典の時代と現代とでは、言葉の意味が異なる単語がいくつも存在しています。 ここ10年の間でも、いろんな言葉が登場し消えて行っていますものね。 言葉の移り変わりは時代の変... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 南面に下ろして、母君も、とみにえものものたまはず。   「今までとまりはべるがいと憂きを、かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ』 ここでは、大鏡の『競べ弓(帥殿の、南院にて人々集めて弓あそばししに)』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては、「南院の競射」、「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 月日経て、若宮参りたまひぬ。いとどこの世のものならず清らにおよすげたまへれば、いとゆゆしう思したり。 明くる年の春、坊定まりたまふ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『丹波に出雲といふ所あり』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「丹波に出雲といふ所あり」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 (※1)丹波に出雲と云ふ所あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木曽の最期(木曾左馬頭、その日の装束には~)』 このテキストでは、平家物語の中の一説「木曾最期」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 あらすじ 以仁王(もちひとおう:後白河天皇の子)の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
成人式  元服といった言葉にみられるように、当時の貴族の子供たちは「大人になる儀式」を通して一人前の大人と認められました。ここではその風習について述べたいと思います。 男子成人式 まず男子ですが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『平泉』 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の現代語訳・口語訳、そしてその解説をしています。 読むにあたって この「平泉」の章では、松尾芭蕉... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他