新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容動詞~ 前回は形容詞について勉強をしました。 今回は形容動詞について説明しましょう。 形容動詞 形容動詞とは、現代語と同じように事や物の状態・性質・人の感情を表す言葉です... (全て読む)
9_80
Text_level_1
現代とで意味の異なる言葉 古典の時代と現代とでは、言葉の意味が異なる単語がいくつも存在しています。 ここ10年の間でも、いろんな言葉が登場し消えて行っていますものね。 言葉の移り変わりは時代の変... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「帰京」の「京に入り立ちてうれし~」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。日付でいうと二... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに  現代であれば電話やメールといったように、相手に気持ちを伝えるツールは様々です。 それでは、そのようなツールがなかった平安時代には、どのようにして出会い、相手に気持ちを伝えていたのでし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 今は内裏にのみさぶらひたまふ。七つになりたまへば、読書始めなどせさせたまひて、世に知らず聡う賢くおはすれば、あまり恐ろしきまで御覧... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「初冠」の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。 初冠のあらすじ 初冠とは、元服の儀式のときに初めて冠を着けること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【原文】 源氏の君は、御あたり去りたまはぬを、ましてしげく渡らせたまふ御方は、え恥ぢあへたまはず。いづれの御方も、われ人に劣らむと思いたるやはある、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『ゆく川の流れ』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の「ゆく河の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 ゆく河... (全て読む)
9_80
Text_level_1
現代とで意味の異なる言葉 古典の時代と現代とでは、言葉の意味が異なる単語がいくつも存在しています。 ここ10年の間でも、いろんな言葉が登場し消えて行っていますものね。 言葉の移り変わりは時代の変... (全て読む)

1

2

3

4

5

6


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他