新規登録 ログイン
検索条件
科目 倫理
タグ

1

2

3

4

5

6

22_80
Text_level_1
四苦八苦 仏教の教えで四苦八苦という言葉があります。現代では四文字熟語として扱われていますが、本来は仏教用語だったのですね。 ではこの四苦八苦とは何を指しているのかということですが、ブッダはまず... (全て読む)
22_80
Text_level_1
マキャベリの考えたリアリズム イタリアの政治学者マキャベリは、その著書『君主論』の中で以下のように述べています。 国をまとめるという目的のためであれば、国のトップに立つ君主は、いかなる手段であっ... (全て読む)
22_80
Text_level_1
方法的懐疑 現在でも昔からの習慣や迷信によって、科学的根拠がなくても信じられていることがたくさんありますね。17世紀フランスの哲学者デカルトは、物事の真偽を明確にすることで、真理を見つけようとし... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回はグロティウスの唱えた自然法を最初に考え、それから派生した社会契約説(特にホッブス)について説明をしました。今回はその2回目で、ここではロックについてみていきましょう。 ホッブス... (全て読む)
22_80
Text_level_1
ルネサンス 中世ヨーロッパの思想の中心は、「神」そのものでした。人間は弱く罪深いものなので、人間を中心に物事を考えるのはタブー視されていたのです。当時の絵や彫刻で宗教関連のものが多いのはそのため... (全て読む)
22_80
Text_level_1
ルターの思想 ルターが宗教改革を唱えた発端は、カトリック教会が資金を得るために、購入すると購入者本人とその家族の罪が許されるとした贖宥状(しょくゆうじょう)を売り始めたことでした。買えば救われる... (全て読む)
22_80
Text_level_1
フランクフルト学派 第1次世界大戦、第2次世界大戦に大きくかかわったドイツですが、当時でもドイツは先進国に数えられる進んだ国でした。 そこで1つ大きな疑問がわきます。高い教養や文化を持つ国であり... (全て読む)
22_80
Text_level_1
空海と最澄の功績 現代の日本仏教に通じる密教の礎を築いたのが平安時代の僧侶であった空海と最澄でした。 この2人は世俗と離れたところの修行こそ価値があると考え、山にこもって修行を行うという山岳仏教... (全て読む)
22_80
Text_level_1
社会主義が生まれた背景 イギリスでの産業革命後、人々の生活は格段に豊かになります。しかしその一方で、貧富の差がさらに顕著に表れます。 資本家が会社を経営し、労働者たちは働けど働けど資本家に搾取を... (全て読む)
22_80
Text_level_1
鎌倉時代の新仏教の開祖者たち  鎌倉時代になると、のちに鎌倉仏教という用語が誕生するように、様々な形の仏教が登場してきます。 ここでは法然、親鸞、一遍、日蓮、道元、栄西の6人についてまとめてあり... (全て読む)

1

2

3

4

5

6


知りたいことを検索!

 倫理
 人間としての自覚
   青年期の自己
   ギリシアの思想
   中国の思想
   その他の思想
   仏教
   キリスト教
   イスラーム教
 国際社会に生きる日本人としての自覚
   日本仏教の思想
   日本における儒教(朱子学/陽明学/古学など)
   国学と民衆思想(本居宣長/石田梅岩/二宮尊徳など)
   啓蒙思想と自由民権運動(福沢諭吉/中江兆民など)
   キリスト教の受容(プロテスタンティズム/内村鑑三など)
   国粋主義/国家主義/社会主義(徳富蘇峰/三宅雪嶺/幸徳秋水など)
   近代的自我の成立(近代文学/民本主義/女性解放など)
   近代の日本哲学(西田幾多郎/和辻哲郎など)
 現代に生きる人間の倫理
   近代思想の始まり(ルネサンス/宗教改革など)
   科学的な見方・考え方(ガリレオ/ベーコン/デカルトなど)
   近代民主主義と人権(モラリスト/社会契約説/カントなど)
   自己実現と幸福(ヘーゲル/功利主義/プラグマティズムなど)
   社会主義と実存主義(マルクス/エンゲルス/ニーチェ/ハイデッガーなど)
   現代のヒューマニズム(ガンディー/キング牧師など)
   現代の思想(フランクフルト学派/構造主義など)
 現代の諸課題と倫理
   生命倫理と環境倫理における問題
   家族と地域社会・情報社会における問題
   異文化の理解と人類の福祉
 その他
   その他