新規登録 ログイン
検索条件
科目 漢文
タグ

1

2

3

4

5

6

10_80
Text_level_1
『蛇足』 ことわざに、「蛇足」というものがあります。蛇に足がついているということから、あっても利益にならない余計なものという意味なのですが、その由来となったのがこの物語です。 白文(原文) 楚有... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『鶏鳴狗盗』 ここでは、中国の故事である鶏鳴狗盗の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。この故事は、とりえのなさそうに見える人物でも、何か1つぐらいは秀でた特技を持っているものだ、つまらない... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『春暁(春眠暁を覚えず)』 ここでは、中国の詩人、孟浩然のよんだ句「春暁」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 春暁 漢文 右から縦に読んでください。 花 夜 処 春 落 来 処 眠  ... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『漁父辞(漁夫之辞)』 ここでは、中国の故事、漁父辞の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 書籍によっては『漁夫辞』や『漁夫之辞』と題するものもあるようです。 白文(原文) 屈原既放、游於... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『項王の最期・項王自刎』 ここでは史記の中の『『項王の最期・項王自刎』(於是項王乃欲東渡烏江〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)と解説を行っています。書籍によっては『項王最期』や『四面楚歌』の中... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『漱石枕流』 ここでは中国の故事『漱石枕流』の書き下し文と現代語訳(口語訳)、文法解説を行っています。『漱石枕流』とは、「自分の誤りを認めずに、負け惜しみから理屈の通らない言い逃れをすること」を... (全て読む)
10_80
Text_level_1
静夜思(静夜の思ひ) ここでは、中国の詩人、李白のよんだ句「静夜の思ひ」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この句は五つに並んだ漢字が四つのブロックからなる五言絶句です。「光(こう)」、... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『矛盾』 ここでは、中国の故事、矛盾の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 原文(白文) 楚人有鬻盾与矛者。 誉之曰、 「吾盾之堅、莫能陥也。」 又誉其矛曰、 「吾矛之利、於物無不陥也。」... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第15、「学びて思わざれば則ち罔し」の解説をしています。 白文(原文) 子曰、学而不思則... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『五十歩百歩』 ここでは、ことわざ「五十歩百歩」の由来となった、「五十歩百歩」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 あらすじ 魏の国の恵王が、政治顧問として招いた孟子に、次のようなことを... (全て読む)

1

2

3

4

5

6


知りたいことを検索!

 漢文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古典常識
   古典常識
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他