新規登録 ログイン
検索条件
科目 漢文
タグ

1

2

3

4

5

6

10_80
Text_level_1
『鶏鳴狗盗』 ここでは、中国の故事である鶏鳴狗盗の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。この故事は、とりえのなさそうに見える人物でも、何か1つぐらいは秀でた特技を持っているものだ、つまらない... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『画竜点睛』 ここでは、「最後の仕上げが不十分で肝心なところがかけている」という意味の「画竜点睛を欠く」ということわざの由来となった故事、画竜点睛の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 白... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『漱石枕流』 ここでは中国の故事『漱石枕流』の書き下し文と現代語訳(口語訳)、文法解説を行っています。『漱石枕流』とは、「自分の誤りを認めずに、負け惜しみから理屈の通らない言い逃れをすること」を... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『春暁(春眠暁を覚えず)』 ここでは、中国の詩人、孟浩然がよんだ漢詩「春暁」の原文(白文)、書き下し文、現代語訳・口語訳、文法解説を記しています。 原文(白文) ※左から右に読んでください。 春... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『知音』 理解を深めるために知っておきたいこと 伯牙は琴の名人として知られ、鍾子期はその親友で、いつも伯牙の琴の音を聴いていました。鍾子期は伯牙の琴の一番の理解者でもありました。2人の友情は鍾子... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『漁父辞(漁夫之辞)』 ここでは、中国の故事、漁父辞の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 書籍によっては『漁夫辞』や『漁夫之辞』と題するものもあるようです。 白文(原文) 屈原既放、游於... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『項王の最期・項王自刎』 ここでは史記の中の『『項王の最期・項王自刎』(於是項王乃欲東渡烏江〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)と解説を行っています。書籍によっては『項王最期』や『四面楚歌』の中... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『矛盾』 ここでは、韓非子(かんぴし)に収録されている中国の故事、矛盾の原文(白文)、書き下し文、そして現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 原文(白文) 楚人有鬻盾与矛者。 誉之曰、 「... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『鼓腹撃壌』 ここでは、「平和で幸せな世の中を楽しむさま」ということわざの由来となった故事、含哺鼓腹の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 白文(原文) 帝尭陶唐氏帝嚳子也。其仁如天其知神... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『五十歩百歩』 ここでは、ことわざ「五十歩百歩」の由来となった、「五十歩百歩」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 あらすじ 魏の国の恵王が、政治顧問として招いた孟子に、次のようなことを... (全て読む)

1

2

3

4

5

6