新規登録 ログイン
検索条件
タグ 係り結び

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段『筒井筒』の「まれまれかの高安に来てみれば〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、このテキ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「人はいさ心も知らず ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 人はいさ心も 知らず ふる... (全て読む)
1_80
Text_level_1
係り結び ここでは 係り結びについて説明します。 係り結びとは、特定の言葉(Aとします)が特定の言葉(Bとします)の前後についたときに、Aの活用形が変化するという文法の法則のことです。係り結びを... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『名を聞くより』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「名を聞くより」(名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 読む前に知ってお... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古今著聞集 『刑部卿敦兼と北の方』 ここでは、古今著聞集の中の『刑部卿敦兼と北の方』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『刑部卿敦兼の北の方』や『敦兼の北の方』と題するものも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『蓬莱の玉の枝』 このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。5回にわたって解説をしていますが、このテキストはその1回目です。 あらすじ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
今昔物語『阿蘇の史』 このテキストでは、今昔物語の一節「阿蘇の史」の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては、『阿蘇の史、盗人にあひてのがるること』と題するものもあるようです。 原文 今は昔... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、清少納言が書いた枕草子から、「はしたなきもの」(はしたなきもの。異人を呼ぶに、われぞとさし出でたる〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 原文 はした... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木の花は』 ここでは、清少納言が書いた枕草子の中から「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅梅〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文 木の花は、濃きも薄きも紅梅。桜は、花びら 大... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集そして伊勢物語の第60段「花橘」に収録されている「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 原... (全て読む)

1

2

3

4

5