新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 そのころ、高麗人の参れる中に、かしこき相人ありけるを聞こし召して、宮の内に召さむことは、宇多の帝の御誡めあれば、いみじう忍びて、こ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川・白玉か』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『馬のはなむけ・門出』 このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の冒頭「馬のはなむけ・門出(男もすなる日記といふものを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 読む前に知... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 古典の中に「右大臣」や「大納言」といった役職がでてきます。 ちょくちょく目にはしますが、一体どの役職がどれくらいの地位にあるのかという疑問にお答えしたいと思います。(政治の役職について... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 現代文も然り、古文も場面によって出てくる特別な言葉があります。 ここでは、宮廷のシーンでよく登場する単語を紹介したいと思います。 上達部 読み方に注意しましょう。「 かんだちめ」です ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 現代文も然り、古文も場面によって出てくる特別な言葉があります。 ここでは、勤務(地方勤務)のシーンでよく登場する単語を紹介したいと思います。 蔵人 「 くろうど」と読みます。 蔵人とは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「帰京」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。土佐日記は紀貫之が書いたものですが、貫之は女性のふりをし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から、第一段「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文(本文) 春は あけぼの。 やうやう白くなりゆ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『絵仏師良秀』 このテキストでは、宇治拾遺物語のなかの一節、『絵仏師良秀』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。ちなみにこの物語は、芥川龍之介の「地獄変」のモデルとなったと言われています。 ... (全て読む)

1

2

3

4

5


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他