新規登録 ログイン
検索条件
科目 現代文
タグ

1

2

3

4

5

8_80
Text_level_1
はじめに ここでは村上春樹の『ノルウェイの森』について要約しています。長編小説ですので、物語の中心人物(「僕」、「直子」、「みどり」)のやりとりを中心に要約しています。 ノルウェイの森 この物語... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文をスラスラと読解できるのか? 大学入試における評論文・論説文は、普段みなさんが目にする文章とは異なっていると思います。 小説のようにすぐに頭の中でイメージが浮かびやすいようなものではなく、... (全て読む)
8_80
Text_level_1
2012年 センター試験 現代文 第1問の問2 「ある個体と関係をもつほかの個体たちもやはり当の個体の環境を構成する要件となる」とあるが、それはどういうことか。その説明として最も適当なものを、次... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに 小説の問題で、文章はしっかりと読めて「よし!いける!!」」と思って解いてみると、まったく答えが違っていたなんて経験をお持ちの方も多いでしょう。 解説を読みながら理解をしようとしても、い... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文の読解法 評論文とは、筆者が自分の意見を主張するための文章ですが、その多くが筆者の主張とそれに対する反対意見を述べて、その2つを比べることで自分の主張が正しいんだと展開する形をとっています... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文を読むときに注意すべきこと 評論文が苦手な人の特徴として、自分の意見と筆者の意見とをリンクさせて勝手な解釈を加えてしまう傾向があります。 現代文全般で言えることですが、現代文の文章を解くと... (全て読む)
8_80
Text_level_1
心情の変化のタイミングをつかむべし 小説では、 ・登場人物の心情が変わるタイミング ・どのような心情からどのようなものに変わっていったのか ・その心情を変化させた理由は何なのか この3点を抑えて... (全て読む)
8_80
Text_level_1
心情理解を助けるためのキーワード ここでは小説を読むときに、登場人物の心情を理解するのに役立つキーワードを紹介します。 その1:風景 好きな映画を思い浮かべてみてください。 例えば非常に緊張した... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに 夏目漱石は明治から大正時代にかけて活躍した小説家です。坊ちゃんや吾輩は猫であるといった作品をご存じの方も多いでしょう。 ここでは、夏目漱石のおもな作品とちょっとしたあらすじをまとめてい... (全て読む)

1

2

3

4

5