新規登録 ログイン
検索条件
科目 地学
タグ

1

2

3

4

5

26_80
Text_level_1
はじめに 日本のロケット開発の父、糸川氏の名前がつけられた小惑星「イトカワ」の存在は、小惑星探査機はやぶさが、世界ではじめて地球圏外の天体に着陸して日本にサンプルを持ち帰ったことによって広く知ら... (全て読む)
26_80
Text_level_1
はじめに 木星型惑星に属する木星・土星・天王星・海王星の4つの惑星について説明をしたいと思います。 木星 木星は太陽系の中で大きさ質量ともに最大の惑星です。地球と比べて直径は約11倍、体積は約1... (全て読む)
26_80
Text_level_1
地球の内部のしくみ 我々は地球の表面(地表)と大気の間でしか生活をしていないわけですが、地球の内部はいったいどのようになっているのでしょうか。 地球の内部は、地表側から「 地殻」、「 マントル」... (全て読む)
26_80
Text_level_1
地学基礎でも学習したかと思いますが、星の明るさを表す尺度のことを等級と言います。こと座にあるベガを0等級とし、等級の差が5のとき、その明るさは100倍違うと定義されています。 等級の数が小さけれ... (全て読む)
26_80
Text_level_1
マグマの性質によって噴火のパターン、形成される土地が変わる 火山の噴火は、マグマの性質(さらさらしているのか、ねばねばしているのか等)によって変わってきます。 マグマがさらさらしている場合、マグ... (全て読む)
26_80
Text_level_1
エル・ニーニョ現象と、それが世界の気候に与える影響 ここでは、エル・ニーニョ現象の特徴と、それが世界の気候に与える影響について説明します。 エル・ニーニョ現象の特徴 エルニーニョ現象とは、東太平... (全て読む)
26_80
Text_level_1
プレートテクトニクス 地球内部を物質の違いによって区分すると、地殻、マントル、核にわけることができました。一方で、流動のしやすさによる区分でわけてみると、流動性のないリソスフェアと流動性のあるア... (全て読む)
26_80
Text_level_1
はじめに 日本は多くの自然に恵まれており、昔から様々な恩恵を受けてきました。 しかし、それと同時に自然災害とは切っても切れ話せない環境にあるということも考えなくてはなりません。 ここでは、我々が... (全て読む)
26_80
Text_level_1
はじめに 化石を調べると、どの時代にどのような生物が存在し、その場所がどのような環境であったのかを推測することができます。例えば貝の化石が1箇所から大量に発見されたとしたら、その場所は以前は浅瀬... (全て読む)
26_80
Text_level_1
大気の区分 大気は、我々が生活している地上から数えて、4つの層にわけて考えることができます。 対流圏、成層圏、中間圏、熱圏です。 対流圏 私たちが普段経験している気候は、高さ11kmまで広がって... (全て読む)

1

2

3

4

5


知りたいことを検索!

 地学
 地学基礎:宇宙における地球
   地学基礎:宇宙の誕生と銀河
   地学基礎:太陽と恒星
   地学基礎:地球の特徴/形/大きさ/内部構造
 地学基礎:変動する地球
   地学基礎:プレート/火山
   地学基礎:地層/地質構造/古生物
   地学基礎:大気と海洋
   地学基礎:地球環境(温暖化/エルニーニョ現象など)
   地学基礎:日本の自然環境
 地学:地球の外観
   地学:地球の形状と重力/磁気
   地学:地球の内部
 地学:地球の活動と歴史
   地学:プレート/地殻変動/地震
   地学:火成活動/変成岩/造山帯
   地学:地表の変化/地層
   地学:地球環境の変化
   地学:日本列島の成り立ち
 地学:地球の大気と海洋
   地学:大気
   地学:海洋
 地学:宇宙の構造
   地学:太陽系
   地学:恒星と銀河系
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。