新規登録 ログイン
検索条件
科目 漢文
タグ

1

2

3

4

5

10_80
Text_level_1
「管鮑之交/管鮑の交わり」 ここでは十八史略に記された「管鮑之交/管鮑の交わり」の書き下し文と現代語訳、そして文法の解説を行っています。読み方は「かんぽうのまじわり」です。 ※書籍によって書き出... (全て読む)
10_80
Text_level_1
再読文字 ここでは8個ある再読文字のうち、「未・将・当・応」について説明をしています。 宜・須・猶・盍はこちら 再読文字はテストによく出されるポイントですので、しっかりと抑えておきましょう。 未... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『推敲』 ここでは、「唐詩紀事」という古典にのっている「推敲」という故事について書き下し文と現代語訳、そして文法の解説をしていきます。 ちなみにこの故事から、推敲には「文章を書いた後、字句を良く... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『朝三暮四』 ここでは、中国の故事である朝三暮四の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。この故事は、目先の利益に目がいってしまい、結果的には利益が同じであることに気づかないという意味の四字熟... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『鶏口牛後』 ここでは、中国の故事である鶏口牛後の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。鶏口牛後とは、大きな組織の末端のではなく、小さな組織のトップでいなさいという意味です。 白文(原文) ... (全て読む)
10_80
Text_level_1
置き字とは 書き下し文を作るときに、書いてあるけど読まない文字があります。この文字のことを置き字と言います。 置き字の種類は全部で8種類しかないので覚えてしまいましょう。 而 接続を表す置き字で... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『漁夫之利(漁夫の利)』 ここでは、中国の故事である漁夫之利の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。 原文(白文) 趙且伐燕。蘇代爲燕謂惠王曰、 「今者臣來過易水、蚌正出曝。而鷸啄其肉。蚌合... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『画竜点睛』 ここでは、「最後の仕上げが不十分で肝心なところがかけている」という意味の「画竜点睛を欠く」ということわざの由来となった故事、画竜点睛の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 白... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『蛇足』 ことわざに、「蛇足」というものがあります。蛇に足がついているということから、あっても利益にならない余計なものという意味なのですが、その由来となったのがこの物語です。 白文(原文) 楚有... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『鶏鳴狗盗』 ここでは、中国の故事である鶏鳴狗盗の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。この故事は、とりえのなさそうに見える人物でも、何か1つぐらいは秀でた特技を持っているものだ、つまらない... (全て読む)

1

2

3

4

5