新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

5

1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、清少納言の書いた枕草子の冒頭、「春はあけぼの~」から「冬はつとめて」までをみていきます。 品詞分解 【原文】 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『高名の木登り』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「高名の木登り」(高名の木登りと言ひし男〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。「高名の」読み方は「こうみゃう/こうみょう」... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、李白が詠んだ、「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」という句についてみていきます。この句は、李白の友人である孟浩然が、長江を下って広陵へと行くときに詠んだ句です。 ちなみにこ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、中国の詩人杜甫が詠んだ「春望」の書き下し文と現代語訳をしていきます。 国 破 山 河 在 城 春 草 木 深 感 時 花 濺 涙 恨 別 鳥 驚 心 烽 火 連 三 月 家 ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
動詞 動詞とは、その名の通り「歩く」、「走る」、「食べる」のような動きを表す品詞です。 動詞を勉強する上で必ずテストに出題されるのが、「動詞の活用形」、「動詞の活用の種類」についてです。ここでは... (全て読む)
1_80
Text_level_1
杜甫『絶句』 ここでは、中国の詩人、杜甫のよんだ句「絶句」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この絶句は、杜甫が戦争を逃れて成都にいたときに詠まれたものです。戦は終わったものの、戦後処理... (全て読む)
1_80
Text_level_1
論語の「学びてときに之を習う」から始まる節の書き下し文と現代訳です。 【原文】 子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。 【書き下し文】 子曰く、学びて時に... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、名詞の種類について説明しています。 名詞には、普通名詞、固有名詞、代名詞、形式名詞、転成名詞、数詞といくつもの種類があります。 普通名詞 普通名詞とは、えんぴつ、シャーペン、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 ※この歌の長歌: 「天... (全て読む)

1

2

3

4

5


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他