新規登録 ログイン
検索条件
科目 日本史
科目カテゴリ 江戸時代
タグ

1

2

3

4

5

17_80
Text_level_1
前回は江戸初期にさかんだった学問である儒学の中でも朱子学について考えました。今回は陽明学について説明します。 陽明学 陽明学は、朱子学や幕府の体制を批判する者たちに好まれた学問です。知行合一すな... (全て読む)
17_80
Text_level_2
関ヶ原の戦い 織田信長と同盟し、のちに豊臣秀吉と対立後に臣従した徳川家康は、1590年(天正18年)に関東に移封されて250万石の大名となり、江戸を拠点にし、江戸城の拡大や神田上水を引くなど町づ... (全て読む)
17_80
Text_level_2
寛政の改革 田沼意次の失脚後、幕府では田沼派と白河藩主松平定信(1758~1829)を老中にしようとする御三家・御三卿の権力闘争が続きました。1787年(天明7月)、江戸・大坂を含む全国30余り... (全て読む)
17_80
Text_level_2
幕政の安定と平和 1651年(慶安4年)の4月、徳川幕府第3代将軍の徳川家光が死去しました。これにより、子の徳川家綱(1641~80)が11歳で第4代将軍職を継ぎました。徳川家光までの幕府は、全... (全て読む)
17_80
Text_level_2
社会の変容 享保の改革以降、年貢増徴政策により各地の農民の生活は苦しくなっていきました。一部の村役人は、年季奉公人を使って地主手作を始め、商品生産を行いました。こうした人々は豪農となり、一方田畑... (全て読む)
17_80
Text_level_2
列強の接近 18世紀に入ると、ヨーロッパ諸国の世界進出が加速しました。ヨーロッパでは、17世紀にピューリタン革命(1642~49年)や名誉革命(1688年)により、市民が市民革命を達成し、その影... (全て読む)
17_80
Text_level_2
元禄文化 17世紀末から18世紀はじめの元禄時代には、中国の清王朝成立による海外情勢の安定と、これに伴う徳川幕府の政治・経済的安定により、日本社会は成熟していきました。安定した社会背景により、武... (全て読む)
17_80
Text_level_2
徳川吉宗の登場 17世紀に生産活動が活発になり、江戸・大坂・京都の三都と、城下町・港湾都市などの商人は富裕化し、困窮する武士だけでなく大名にも貸付を行う大名貸まで出るようになり、彼らの中には藩財... (全て読む)
17_80
Text_level_2
化政文化 江戸時代後期、文化・文政期の年号から名付けられた化政文化が花開き、町人文化が最盛期を迎えました。商業活動によって全国にこの文化は広がり、学問や思想の分野では科学的・実証的な研究が発展し... (全て読む)
17_80
Text_level_2
幕藩体制の統治機構 徳川幕府は、全国の諸大名を管理するため、強力な権力を有していました。特に財政面において、幕府は400万石という直轄領(幕領・天領)を有しており、これに旗本知行地の300万石を... (全て読む)

1

2

3

4

5

江戸時代(徳川幕府、徳川家康、徳川家光、徳川綱吉、徳川吉宗、徳川家斉、徳川慶喜、鎖国、参勤交代、武家諸法度、元禄文化、化政文化、井伊直弼、日米和親条約、尊皇攘夷、大政奉還など)における特長や文化、人々の暮らし、諸外国との接点等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 日本史
 原始・古代の社会・文化と東アジア
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の社会・文化と東アジア
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の社会・文化と国際関係
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近代日本の形成とアジア
   18世紀における国際環境の変化
   開国・明治維新
   立憲政治・憲法制定・議会の設立
   条約改正・日清/日露戦争
   近代産業の発展と文化の特色
 両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争
 第二次世界大戦後の日本と世界
   占領下の日本
   高度成長の時代
 その他
   その他