新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

5

6

7

8

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ちどまりつれ」という歌について説明していきます。 原文 道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ち... (全て読む)
1_80
Text_level_1
国民の祝日 2013年現在、日本には1年に15日の国民の祝日があります。 |祝日の名前|日にち|内容| |元日|1月1日|年のはじめを祝う。| |成人の日|1月の第2月曜日|大人になったことを自... (全て読む)
1_80
Text_level_1
絶句 中国の詩人、杜甫がよんだ『絶句』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の漢詩を読み、設問に答えよ 上から下にではなく、左から右に読んでください。 江 碧 鳥 愈... (全て読む)
1_80
Text_level_1
詩のタイプ 中学校で扱う詩には、大きく分けて3つのタイプがあります。 叙情詩、叙景詩そして叙事詩です。 叙情詩 叙情詩とは、作者の気持ちや心の変化をうたった詩です。私たちが目にするほとんどの詩は... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の冒頭部分についてみていきます。 【原文】 月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日... (全て読む)
1_80
Text_level_1
形容動詞の活用 ここでは、形容動詞の活用について説明していきましょう。 動詞や形容詞でみてきたように、形容動詞にも活用形があります。 形容詞と同じように、まずは活用形を覚えるところから始めましょ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 平家物語によると、 「磯へ七、八段ばかりになりしかば、舟を横さまになす」 ということで、那須与一から扇の的までの距離は75m~85mあたりといったところでしょうか。 矢を射るまでの心境... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集にある歌「東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解をしています。 原文 東の 野に炎の 立つ見えて かへり見す... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、竹取物語の冒頭部分(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。竹取物語は作者や完成した年は不明ですが、日本で最古の物語作品と言わ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだ悲しき」という歌について説明していきます。 原文 多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児の... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

8


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他