新規登録 ログイン
検索条件
科目 数学II
タグ

1

2

3

4

5

14_80
Text_level_1
はじめに ax^{2}+bx+c=oという方程式があります。 この方程式の解を \alpha、 \betaとしたときに次の法則が成り立ちます。 \alpha +\beta =-\frac{b}{... (全て読む)
14_80
Text_level_1
因数分解 次の2次式を複素数の範囲で因数分解してみましょう。 x^{2}-2x+4 2次式の因数分解をする場合、 ax^{2}+bx+c=0 とおいて、この方程式の解を解の公式を使って求めてから... (全て読む)
14_80
Text_level_3
x^{2}+y^{2}=4 …① y=x+k …② という円と直線があったときに、円と直線が異なる2点で交わるときのkの範囲を求めよという問題があるとします。今回はこれを一緒に解いていきましょ... (全て読む)
14_80
Text_level_3
任意の定数にかかわらず、必ず定点Aを通る (3kー2)y=(2k+1)x+3 …①は、実数kの値にかかわらず、定点Aを通ることを示し、また点Aの座標を求めなさい 考え方 kの値にかかわらずという... (全て読む)
14_80
Text_level_1
内分と外分 ここでは直線における内分と外分について説明したいと思います。 内分 下図のように直線ABがあったときに、この直線ABをm:nにわける点Pがあったとします。このように直線ABを内側で2... (全て読む)
14_80
Text_level_1
三角関数の値の正負 角の動径がどの象限に含まれているかによって、三角関数の値の正負が変わってきます。これを図示すると次のようになります。 例えば \theta < \frac{1}{4} \pi... (全て読む)
14_80
Text_level_1
高次式 これまで、 x^{2}+2x+1= \left(x+1 \right)^{2} や  x^{2}-6x+8= \left(x-2 \right) \left(x-6 \right) のよ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
内分点と外分点の計算問題 点A(-1、-5)と点B(3、4)を1:2に内分する点Pと、3:1に外分する点Qの座標を求めてみましょう。 内分点 座標上の2点間の内分点を求める公式は覚えていますか?... (全て読む)
14_80
Text_level_2
3次方程式の解の数に合わせて定数を決める aを定数とするとき、 x^{3}-3x^{2}+a=0 が3つの異なる解を持つaの範囲について考えてみましょう。 考え方 ・a=-x^{3}+3x^{2... (全て読む)
14_80
Text_level_1
360°を超える角 一般的に、∠POXの表す角は、30°とされています。しかし、よく考えてみると、ぐるっと一周してきた角も∠POXですし、2周してきた角も∠POXで表すことができますよね。 この... (全て読む)

1

2

3

4

5


知りたいことを検索!

 数学II
 式と証明
   多項式の乗法と除法
   分数式
   恒等式/等式の証明
   不等式の証明
   二項定理
 高次方程式
   複素数
   2次方程式(判別式/係数の関係/数の大小)
   剰余の定理と因数定理
   高次方程式
 点と直線
   点の距離
   内分点/外分点
   座標上の多角形
   直線の方程式
   垂直/平行な2直線
   2直線の交点
   点と直線の距離
 円
   円の方程式
   円と直線の関係
   円:軌跡の方程式
   不等式の表す領域
 指数関数と対数関数
   指数と指数関数
   対数と対数関数
 三角関数
   三角関数
   加法定理/倍角の公式
 微分
   平均変化率・極限値
   微分係数と導関数
   微分:接線
   微分:関数の増大と極大・極小
   微分:最大値・最小値
   微分:関数のグラフと方程式・不等式
 積分
   不定積分
   定積分
   積分:面積
 その他
   その他