新規登録 ログイン
検索条件
科目 日本史
科目カテゴリ 平安時代
タグ

1

2

3

4

5

17_80
Text_level_2
弘仁・貞観文化 平安京遷都後から9世紀末ころまでの文化を、嵯峨天皇・清和天皇の年号をとって、弘仁・貞観文化といいます。 この時代の貴族は、唐の文化を吸収しながら、独自の文化を生み出し、宮廷で漢文... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国風文化 藤原氏による摂関政治が行われた時代の10世紀〜11世紀に栄えた文化を、国風文化もしくは藤原文化といいます。 菅原道真の建議により遣唐使の停止が決まった後も民間では交易が続き、中国の文化... (全て読む)
17_80
Text_level_2
平氏政権 1167年に平清盛が武士として初めて太政大臣になるなど、平氏は平安時代末期に栄華を極めていました。しかしそれを面白く思っていなかったのが、政権をとられた公家や、もともと対立していた源氏... (全て読む)
17_80
Text_level_2
他氏排斥 平安時代に栄華をおさめた藤原氏ですが、そこにはもちろん、他の貴族(伴氏、橘氏、紀氏、源氏など)との権力をめぐる争いがありました。他の有力貴族を地方へと飛ばしたり、滅ばしたり、ときには皇... (全て読む)
17_80
Text_level_2
平安京への遷都 奈良時代後期、称徳天皇の死去とともに、それまで政治の中心にいた道鏡が失脚し、式家の藤原百川らが中心となり、天武天皇系の皇統に代わり、天智天皇系の白壁王(施基皇子の子)が即位し光仁... (全て読む)
17_80
Text_level_2
後三条天皇と院政の開始 藤原頼通の娘には皇子が誕生しなかったため、摂政・関白を外戚としない後三条天皇(在位1068~1072)が即位しました。後三条天皇は、大江匡房などの学識に優れた人物を次々に... (全て読む)
17_80
Text_level_1
六歌仙とは 平安時代、ひらがなやかたかなが盛んになったことから、和歌が頻繁に詠まれるようになりました。紀貫之は万葉集以降で優秀な歌を集めて「古今和歌集」に編纂しました。 その中でも優秀な歌の詠み... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国司の地方支配 902年(延喜2年)、朝廷は延喜の荘園整理令を出し、班田を励行を図り令制の再建を図りましたが、うまくいきませんでした。 「延喜・天暦の治」と言われた天皇親政の時代、律令体制は変質... (全て読む)
17_80
Text_level_1
今回は、旧国名の一覧を書いてみたいと思います。 |北海道|蝦夷| |青森、岩手、宮城、福島|陸奥(むつ)| |秋田、山形|出羽| |茨城|常陸(ひたち)| |千葉|上総、下総、安房| |栃木|下... (全て読む)
17_80
Text_level_2
藤原氏の発展 始祖藤原鎌足やその子不比等など、藤原氏は律令国家建設の大きな尽力者でした。そのため、律令国家体制が確立していく中で、官僚貴族として隆盛を誇っていきました。 大伴氏など、他の氏族は律... (全て読む)

1

2

3

4

5

平安時代(桓武天皇、平城京、藤原氏、国風文化、古今和歌集、源氏物語、枕草子、土佐日記、平等院鳳凰堂、院政、武士、平氏、源氏、平清盛、源頼朝、源義経など)における特長や文化、人々の暮らし、諸外国との接点等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 日本史
 原始・古代の社会・文化と東アジア
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の社会・文化と東アジア
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の社会・文化と国際関係
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近代日本の形成とアジア
   18世紀における国際環境の変化
   開国・明治維新
   立憲政治・憲法制定・議会の設立
   条約改正・日清/日露戦争
   近代産業の発展と文化の特色
 両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争
 第二次世界大戦後の日本と世界
   占領下の日本
   高度成長の時代
 その他
   その他