新規登録 ログイン
検索条件
タグ 現代語訳

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『絵仏師良秀』 このテキストでは、宇治拾遺物語のなかの一節、『絵仏師良秀』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。ちなみにこの物語は、芥川龍之介の「地獄変」のモデルとなったと言われています。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 ここでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(いづれの御時にか〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『光る君誕生』とするものもあるよう... (全て読む)
10_80
Text_level_1
史記『四面楚歌』 ここでは史記『項羽本紀』の中の『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。「四面楚歌」とは、「敵や反対する者に囲まれて孤立していること、または... (全て読む)
9_80
Text_level_1
十訓抄『大江山の歌』 ここでは、十訓抄の中の『大江山の歌』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・三河』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り」の「昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『児のそら寝』 このテキストでは、宇治拾遺物語の中の一説、「児(ちご)のそら寝」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては、「稚児の(※1)そら寝」と題されるものや、内容が異なる場... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『中納言参りたまひて』 ここでは、清少納言が書いた枕草子「中納言参りたまひて」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 この物語の要約・おもしろさ 主語の無い敬語が多く、しかも、敬語の向きや文... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「初冠」の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。 初冠のあらすじ 初冠とは、元服の儀式のときに初めて冠を着けること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『馬のはなむけ・門出』 このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の冒頭「馬のはなむけ・門出(男もすなる日記といふものを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文(本文... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!