新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の第82段「 渚の院」に収録されている歌「散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。 原文 散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かざし/挿頭 名詞 意味1 (草木の花などを)髪に挿すこと。 髪飾り。 [出典]: 渚の院 伊勢物語 「その木のもとに下りゐて、枝を折りてかざしにさして、上、中、下、みな歌よみけり。」 [訳]:その木の下に(馬から)下りて座り、枝を折って髪飾りとして挿し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おりゐる/下り居る ワ行上一段活用 |未然形|おりゐ| |連用形|おりゐ| |終止形|おりゐる| |連体形|おりゐる| |已然形|おりゐれ| |命令形|おりゐよ| 意味1:自動詞 (高いところや乗り物から) 下りて座る。 [出典]: 渚の院 伊勢物語 「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いきいづ/生き出づ ダ行下二段活用 |未然形|いきいで| |連用形|いきいで| |終止形|いきいづ| |連体形|いきいづる| |已然形|いきいづれ| |命令形|いきいでよ| 意味:他動詞 生き返る、息を吹き返す。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「今... (全て読む)
9_80
Text_level_1
またのひ/又の日 連語 名詞「また」と格助詞「の」、そして名詞「日」が一語になったもの。 意味 次の日、翌日。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「今日の入相ばかりに絶え入りて、またの日の戌の時ばかりになむ、からうじて生き出でたりける。」 [訳]:今日... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
197,784,136 views (11/15更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari