新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
さかしら/賢しら 名詞 意味1 利口ぶること、賢そうにふるまうこと。 [出典]:万葉集 「あな醜さかしらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似る」 [訳]:ああみっともない。賢そうにふるまって酒を飲まない人をよく見ると、猿に似ているかなあ 意味2 おせっか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いやし/卑し/賎し 形容詞・シク活用 |未然形|いやしく|いやしから| |連用形|いやしく|いやしかり| |終止形|いやし|◯| |連体形|いやしき|いやしかる| |已然形|いやしけれ|◯| |命令形|◯|いやしかれ| 意味1 身分が低い、地位が低い。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
けしうはあらず/異しうはあらず 連語 シク活用の形容詞「けし」の連用形「けしく」のウ音便「けしう」と係助詞「は」、ラ行変格活用「あり」の未然形「あら」、そして打消の助動詞「ず」が一語になったもの。 意味1 悪くはない、たいして劣ってはいない。 [出典]:... (全て読む)
17_80
Text_level_2
長期保守政権と経済成長 鳩山内閣退陣後、自由民主党総裁の地位を石橋湛山と岸信介が争いました。新総裁となった石橋湛山は、1956年(昭和31年)12月に組閣しましたが、病に倒れ、翌年2月に岸信介に内閣を譲りました。岸信介は、戦前の東條内閣で閣僚を務めたため... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、小倉百人一首や新古今和歌集、 伊勢物語などに収録されている歌「陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 ※古今和歌集では、 陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れむ... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
197,784,136 views (11/19更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari