新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
こぞりて/挙りて ラ行四段活用「こぞる」の連用形「こぞり」と、接続助詞「て」が一語になったもの。 連語 意味 全員で、一人残らず、すべて。 [出典]: 東下り 伊勢物語 「...とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。」 [訳]:...と詠んだので、船に乗... (全て読む)
9_80
Text_level_1
をりしも/折りしも 副詞 ※名詞「折り」と強調の副助詞「しも」が一語になったもの。 意味 ちょうどそのとき、折も折。 [出典]: 東下り 伊勢物語 「さるをりしも、白き鳥の、嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。」 [訳]:そんな折も折... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わぶ/侘ぶ バ行上二段活用 |未然形|わび| |連用形|わび| |終止形|わぶ| |連体形|わぶる| |已然形|わぶれ| |命令形|わびよ| 意味1:自動詞 気落ちする、気弱になる、頼りなく思う、心細く感じる。 [出典]: 東下り 伊勢物語 「その河のほ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なきにしもあらず/無きにしもあらず 連語 ク活用の形容詞「なし」の連体形「なき」+断定の助動詞「なり」の連用形「に」+副助詞「しも」+ラ行変格活用「あり」の未然形「あら」+打消の助動詞「ず」の終止形「ず」 意味 必ずしもないというわけではない。 [出典]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の6段『 芥川』そして『新古今和歌集』に収録されている歌「白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 伊勢物語に収録されている歌と新古今和歌集に収録され... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1



マナペディア(manapedia)とは?
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。 ユーザーアカウントを作成すると、テキストの投稿やマイリストの作成などができます。
たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりしてみましょう。 あなたの大切なマナビは、世代や地域をこえて、多くの人のためになります!さぁ、今すぐ始めましょう!

新規登録(無料)


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
152,449,866 views (05/29更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari