新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
ませ/籬/笆 ※「ませがき」とも。 名詞 意味 柴や竹などを荒く編んで作った低い垣根。 [出典]: 刑部卿敦兼と北の方 古今著聞集 「ませのうちなる白菊も 移ろふ見るこそあはれなれ われらが通ひて見し人も かくしつつこそかれにしか」 [訳]:垣根の内側に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なからひ/仲らひ 名詞 意味 人と人の間柄、男女の仲。 [出典]: 刑部卿敦兼と北の方 古今著聞集 「...と、繰り返し歌ひけるを、北の方聞きて、心はや直りにけり。それより殊に仲らひめでたくなりにけるとかや。」 [訳]:...と繰り返し歌うのを、夫人が聞... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すます/澄ます/清ます/洗ます サ行四段活用 |未然形|すまさ| |連用形|すまし| |終止形|すます| |連体形|すます| |已然形|すませ| |命令形|すませ| 意味1:他動詞 洗い清める、洗う、きれいにする。 [出典]:若菜下 源氏物語 「女君は、... (全て読む)
17_80
Text_level_2
占領初期の社会と政治 太平洋戦争により国土が荒廃し、軍需産業の崩壊により経済機能が麻痺していた時期に、軍人の復員と海外居留民の引揚げにより人口が急増し、さらに米の凶作も重なり、危機的状況が国内で起こるようになりました。また復員軍人や軍需産業の労働者、引揚... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しゅっし/出仕 名詞 意味1 仕官、官職につくこと。 意味2 出勤、勤めに出ること。 意味3 ある特定の場所や席などに出ること。 ※「す」が付いてサ行変格活用の動詞「しゅっしす/出仕す」となる。その場合の活用は以下の通り。 サ行変格活用 |未然形|しゅっ... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
194,112,329 views (09/22更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari