新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
すまふ/争ふ/辞ふ 「すまふ」には ①争ふ/辞ふ ②住まふ などの用法があるが、ここでは「①争ふ/辞ふ」を扱う。 ハ行四段活用 |未然形|すまは| |連用形|すまひ| |終止形|すまふ| |連体形|すまふ| |已然形|すまへ| |命令形|すまへ| 意味1... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころいきほひ/心勢ひ 名詞 意味 (自分の意志を通す) 気力、気迫。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とどむるいきほひなし。」 [訳]:(男性は)親がかりの身なので、まだ(女性をよそにやらないようにと親に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おひうつ/追ひ棄つ タ行下二段活用 |未然形|おひうて| |連用形|おひうて| |終止形|おひうつ| |連体形|おひうつる| |已然形|おひうつれ| |命令形|おひうてよ| 意味:他動詞 追い出す、追放する。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「にはか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いやまさりに/弥増さりに 副詞 意味 ますます激しく、さらに多く。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とどむるいきほひなし。女もいやしければ、すまふ力なし。さる間に、思ひはいやまさりにまさる。」 [訳]:(男... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さこそいへ/然こそ言へ 連語 副詞「さ」と係助詞「こそ」、そしてハ行四段活用「言ふ」の已然形「いへ」が一語になったもの。 意味 そうは言うものの、さすがに。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「さかしらする親ありて、思ひもぞつくとて、この女をほかへ追ひ... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
197,784,136 views (11/19更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari