新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
よさる/夜さり 名詞 意味 夜になる時分、今夜、夜分。 [出典]: 宮に初めて参りたるころ 枕草子 「下りまほしうなりにたらむ。さらば、はや。夜さりは、とく。」 [訳]:(初めての宮仕えで)退出したくなってしまっていることでしょう。それならば、早く(退出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はなつ/放つ タ行四段活用 |未然形|はなた| |連用形|はなち| |終止形|はなつ| |連体形|はなつ| |已然形|はなて| |命令形|はなて| 意味1:他動詞 手放す、人手に渡す、身から離す。 [出典]: 花山院の出家 大鏡 「弘徽殿の女御の御文の、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いひはなつ/言ひ放つ タ行四段活用 |未然形|いひはなた| |連用形|いひはなち| |終止形|いひはなつ| |連体形|いひはなつ| |已然形|いひはなて| |命令形|いひはなて| 意味:他動詞 遠慮なく言う、きっぱりと言う。 [出典]: 悲田院の堯蓮上人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かづらきのかみ/葛城の神 名詞 意味 大和国(いまの奈良県)の葛城山に住む「一言主神」の別名。 ※葛城の神は、自分の醜い容姿を恥じて夜しか働かなかったという伝説があり、そのことから、恋や物事が成就しない例え、自分の醜い容姿を恥じることの例えなどに用いられ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あかつき/暁 名詞 意味 夜明け前のまだ暗い時分、夜半過ぎから夜明け前までの間。 [出典]: 尼、地蔵を見奉ること 宇治拾遺物語 「地蔵菩薩は暁ごとに歩き給ふといふことを、ほのかに聞きて、暁ごとに、地蔵見奉らんとて、ひと世界まどひありくに...」 [訳]... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
201,713,619 views (01/17更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari