新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

...

5

6

7

8

9

10

11

9_80
Text_level_1
あはれなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|あはれなら|◯| |連用形|あはれなり|あはれに| |終止形|あはれなり|◯| |連体形|あはれなる|◯| |已然形|あはれなれ|◯| |命令形|(あはれなれ)|◯| 意味1 しみじみと心が動かされる、しみじみと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 鱸(すずき) かくて忠盛、刑部卿になつて、仁平三年正月十五日、歳五十八にてうせにき。清盛嫡男たるによつて、その跡をつぐ。保元元年七月に、宇治の左府代を乱りたまひし時、安芸(あき)の守とて、御方にて勲功ありしかば、播磨守に移って、同三年太宰大貳(... (全て読む)
14_80
Text_level_1
不定積分の計算問題 不定積分の公式を用いて、不定積分の計算の練習問題を一緒に解いてみましょう。 問題 次の不定積分を求めなさい (1) ∮(x−1)(2x+1)dx (2) ∮(3x+1)(3x−1)dx (1) ∮(x−1)(2x+1)dx まず、(x... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひとへに/偏に 副詞 意味1 いちずに、ひたすらに。 [出典]:初瀬 更級日記 「今はひとへに豊かなるいきほひになりて...」 [訳]:今はひたすら豊かな財をもつようになって... 意味2 まったく、まるで。 [出典]: 祇園精舎 平家物語 「たけき者も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
故殿の御服のころ 其の一 人と物いふことを碁になして、ちかう語らひなどしつるをば、 「手ゆるしてけり。結(けち)さしつ」 などいひ、 「男は手うけむ」 などいふことを、人はえ知らず、この君と心えていふを、 「なにぞ、なにぞ」 と源中将はそひつきていへど、... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
194,112,329 views (10/18更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari