新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

...

5

6

7

8

9

10

11

9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 ふりがたくあはれと見つつゆきすぎて ふりがたくあはれと見つつゆきすぎて、山口にいたりかかれば、申(さる)のはてばかりになりにたり。蜩(ひぐらし)さかりと鳴きみちたり。聞けばかくぞおぼえける。 なきかへるこゑぞきほひてきこゆなる まちやしつらんせ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 かかるほどに、祓のほどもすぎぬらん かかるほどに、祓(はらへ)のほどもすぎぬらん、七夕はあすばかりと思ふ。忌も四十日ばかりになりにたり。日ごろなやましうてしはぶきなどいたうせらるるを、物怪(もののけ)にやあらん、加持(かぢ)もこころみむ、狭ばき... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。この歌は小倉百人一首にも収録されています。 原文 花の色は 移りにけりな いたづらに わ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つとむ/勤む/務む/勉む/努む マ行下二段活用 |未然形|つとめ| |連用形|つとめ| |終止形|つとむ| |連体形|つとむる| |已然形|つとむれ| |命令形|つとめよ| 意味1:他動詞 努力する、励む。 [出典]:塩釜 奥の細道 「人よく道をつとめ、... (全て読む)
17_80
Text_level_1
治承・寿永の乱 治承・寿永の乱は、政権を担っていた平氏が没落し、変わって源氏が幕府を開くようになるまでの間に起こった内乱のことを言います。日本全国レベルで起こった初めての内乱と言われています。ここでは、治承・寿永の乱としてカウントされる戦の名前と武将につ... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
203,917,979 views (01/24更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari