新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

...

5

6

7

8

9

10

11

9_80
Text_level_1
平家物語 鹿谷 東山の麓、鹿谷といふ所は、うしろは三井寺に続いて、ゆゆしき城郭にてぞありける。俊寛僧都の山庄あり。かれに常は寄り合ひ寄り合ひ、平家滅ぼさむずる謀(はかりごと)をぞ廻(めぐ)らしける。ある時、法皇も御幸なる。故少納言入道信西が子息浄憲法印御... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『ある者、子を法師になして』 ここでは、徒然草の中の『ある者、子を法師になして』の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 徒然草『ある者、子を法師になして』の現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 ある(連体詞) 者、 子 を(格助... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記 いにしへ、いみじうかたらひ いにしへ、いみじうかたらひ、夜昼歌などよみかはしし人の、ありありても、いと昔のやうにこそあらね、たえずいひわたるが、越前守の嫁にてくだりしが、かきたえ音もせぬに、からうじてたよりたづねて、これより、   絶えざりし思... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  18世紀フランスの啓蒙思想家。哲学、政治論、教育論、文学、音楽などその活動は多岐にわたる。出身はスイスのジュネーブで、時計職人の家に生まれる。生後まもなく母を亡くし、13歳の時に父が原因でジュネーブを追われ、兄も家を出て行った。孤児同然の生活を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「石走る垂水(たるみ)の上のさわらびの萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも」という歌について説明していきます。 原文 石走る垂水(たるみ)の上のさわらびの萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも 現代語訳(口語... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
183,003,921 views (05/26更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari