新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

...

4

5

6

7

8

9

10

9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 ここでは、平家物語の『木曽の最期』の「木曽大きに喜びて~」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とするものもあるようです。 ※前回のテキスト: 「木曽は長坂を経て~」の品詞分解 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『つひにゆく道』 ここでは、伊勢物語の中の『つひにゆく道』の現代語訳と品詞分解をしています。 原文(本文) 昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ、 つひにゆく道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを 現代語訳(口語訳) 昔、ある男が病... (全て読む)
11_80
Text_level_1
受動態の登場 このテキストでは、受動態という英語の文法について説明しています。受動態ではなく、受け身という言葉を使うこともあります。 この写真では、右の人が左の人を投げています。仮に右の人をA、左の人をBとしましょう。これまでは、「AがBを投げる」という... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 清水寺炎上 衆徒帰りのぼりにければ、一院六波羅より還御(かんぎょ)なる。重盛卿ばかりぞ御ともには参られける。父の卿は参られず。なほ用心の為かとぞ聞こえし。重盛の卿御送りより帰られたりければ、父の大納言のたまひけるは、 「さても一院の御幸(ごこう... (全て読む)
10_80
Text_level_1
白居易『長恨歌』 ここでは白居易の詠んだ『長恨歌』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。長いので全文を12段に区切り、その都度書き下し文と現代語訳、解説を記しています。 原文(白文) 漢皇重色思傾国 御宇多年求不得 楊家有女初長成  養在深閨人... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1



マナペディア(manapedia)とは?
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。 ユーザーアカウントを作成すると、テキストの投稿やマイリストの作成などができます。
たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりしてみましょう。 あなたの大切なマナビは、世代や地域をこえて、多くの人のためになります!さぁ、今すぐ始めましょう!

新規登録(無料)


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
168,135,728 views (11/25更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari