新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

7

8

17_80
Text_level_2
邪馬台国の登場 『魏志』倭人伝 後漢の滅亡後、中国では魏・呉・蜀が争う三国時代に入りました。後世の晋の時代に陳寿が編纂した三国時代の正史を『三国志』といいますが、この中の『魏志』倭人伝に再び日本の記述が出てきます。 後漢末に、楽浪郡の南部に帯方郡という新... (全て読む)
13_80
Text_level_1
メネラウスの定理 メネラウスの定理とは、図1のような三角形があったときに \frac{BP}{PC} \cdot \frac{CQ}{QA} \cdot \frac{AR}{RB} =1 となる定理のことでした。 これを証明してみましょう。 証明 図2の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さす/指す/差す 「さす」には ①射す/差す(自動詞) ②指す/差す(他動詞) ②刺す ③ 注す/点す ④使役の助動詞 などの用法があるが、ここでは「②指す/差す(他動詞)」を扱う。 サ行四段活用 |未然形|ささ| |連用形|さし| |終止形|さす| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「帰京」の「京に入り立ちてうれし~」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。日付でいうと二月二十六日、書籍によっては、「夜更けて来れば、所々も見えず」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あづまぢ/東路 名詞 意味 京都から東の方へ向かう道、東海道、東国地方。 [出典]: 門出・東路の道の果て 菅原孝標女 「東路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか...」 [訳]:京都か... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
205,074,717 views (02/23更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari