新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

7

8

9_80
Text_level_1
ふく/更く/深く 「ふく」には ①更く/深く ②老く ③吹く ④ 葺く などの用法があるが、ここでは「①更く/深く」を扱う。 カ行下二段活用 |未然形|ふけ| |連用形|ふけ| |終止形|ふく| |連体形|ふくる| |已然形|ふくれ| |命令形|ふけよ|... (全て読む)
10_80
Text_level_1
戦国策『借虎威(虎の威を借る)』 ここでは、中国戦国時代の遊説家の思想をまとめた書物「戦国策」に収録されている『借虎威(虎の威を借る)』の原文(白文)、書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。「狐借虎威(虎の威を借る狐/狐虎の威を借る)」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 少将乞請 丹波少将成経は、其の夜しも院御所法住寺殿にうへ臥して、未だ出でられざりけるに、大納言の侍共、急ぎ院御所へ馳せ参って、少将殿を呼び出だし奉り、この由申すに、 「などや宰相の許より、今まで知らせざるらん」 とのたまひもはてぬば、宰相殿より... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ある/荒る ラ行下二段活用 |未然形|あれ| |連用形|あれ| |終止形|ある| |連体形|あるる| |已然形|あるれ| |命令形|あれよ| 意味1:自動詞 (天候や海などが) 荒れる、激しくなる。 [出典]:宇多の松原 土佐日記 「これらを人の笑ふを聞... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とらふ/捕らふ/捉ふ/執らふ ハ行下二段活用 |未然形|とらへ| |連用形|とらへ| |終止形|とらふ| |連体形|とらふる| |已然形|とらふれ| |命令形|とらへよ| 意味1:他動詞 つかむ、にぎる、つまむ。 [出典]: うつくしきもの 枕草子 「二... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
180,163,234 views (04/27更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari