新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

7

8

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「桐の葉もふみわけがたくなりにけり必ず人を待つとなけれど」という歌について説明していきます。 原文 桐の葉もふみわけがたくなりにけり必ず人を待つとなけれど 現代語訳(口語訳) 桐の葉も落ちては積もり、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ばかり 副助詞 意味1 (範囲や程度を表し) 〜ほど、〜ぐらい。 [出典]: 若紫・北山の垣間見 源氏物語 「四十余ばかりにて、いと白うあてにやせたれど、面つきふくらかに...」 [訳]:四十歳すぎほどで、とても(色が)白く上品でやせてはいますが、顔つき... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かたへ/片方 名詞 意味1 片方、対になっているものの一方。 [出典]:古今和歌集 「夏と秋と行き交ふ空の通ひ路はかたへ涼しき風や吹くらむ 」 [訳]:夏と秋がすれ違う空の通り道では、片方に涼しい風が吹いているのではないだろうか 意味2 一部分、半分。 ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
帝国主義とアフリカ分割で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 ヨーロッパ列強によるアフリカ分割 ・アフリカは以前より暗黒大陸と呼ばれ、奴隷貿易などで世界貿易とつながっていた。1880年... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 大納言流罪 同じき六月二日の日、新大納言成親卿をば、公卿の座に出だし奉り、御物参まゐらせたりけれども、胸せきふさがつて、御箸をだにも立てられず。御車を寄せて、とふとふと申せば、心ならず乗り給ふ。軍兵ども、前後左右にうち囲みたり。我が方の者は一人... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
194,112,329 views (10/16更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari