新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1



Top_list_bar_chugaku

1

2

3

4

5

6

7

5_80
Text_level_1
はじめに 現在、世界に存在している国や地域(国と主張するも、国として認められていないもの)は200を超えています。 国名にはそれぞれ由来があり、ここではいくつかを例に説明してみましょう。 日本 日本の由来には様々な説があり、ここで述べるのはそのうちの1つ... (全て読む)
2_80
Text_level_1
はじめに 未来を表す表現には、「will+動詞の原形」を使うものと、「be going to +動詞の原形」という2パターンがあります。どちらも未来を表す表現で、教える人によっては 「will+動詞の原形」=「be going to +動詞の原形」 と教... (全て読む)
7_80
Text_level_1
細胞のつくり いろんな形、大きさをした細胞がありますが、どの細胞も細胞膜というブロックでわけられていて、その中に1つの核と、核を囲む細胞質があります。 細胞内部の器官とそのはたらき 核 細胞の中に、基本的に1つだけ存在する生命活動の源です。核の内部には、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『春暁(春眠暁を覚えず)』 ここでは、中国の詩人、孟浩然がよんだ句「春暁」の原文(白文)、書き下し文、現代語訳・口語訳、文法解説を記しています。 原文(白文) ※左から右に読んでください。 春 眠 不 覚 暁 処 処 聞 啼 鳥 夜 来 風 雨 声 花 ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだ悲しき」という歌について説明していきます。 原文 多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだかなしき 現代語訳 多摩川にさらしている手作りの布のよ... (全て読む)



知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
186,515,222 views (06/18更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari