新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
あからめ/傍目 名詞 意味1 わき見、よそ見、目をそらすこと。 [出典]: 花は盛りに 徒然草 「片田舎の人こそ、色濃く万はもて興ずれ。花の本には、ねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて...」 [訳]:田舎者の人に限って、しつこく何にでも面白がるもの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「初冠」の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。 初冠のあらすじ 初冠とは、元服の儀式のときに初めて冠を着けることです。このお話は、ある若い男性が、京の都から奈良に鷹狩りに行... (全て読む)
9_80
Text_level_1
もてかしづく/もて傅く ※「もて」は接頭語。 カ行四段活用 |未然形|もてかしづか| |連用形|もてかしづき| |終止形|もてかしづく| |連体形|もてかしづく| |已然形|もてかしづけ| |命令形|もてかしづけ| 意味:他動詞 大切に世話をする、大切に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。「慰むや」と、さるべき人びと参らせたまへど、 「なずらひに思さるるだにいとかたき世かな」と、 疎ましうのみよろづに思しなりぬるに、先帝の四の宮の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 原文 心もとなき日数重なるままに、白河の関にかかりて旅心定りぬ。 「いかで都へ」 と 便り求しも理なり。中にも此関は三関の一にして、風騒の人心をとどむ。秋風を耳に残し、紅葉を俤(おもかげ)にして、青葉のこずえなほあはれなり。 卯の花の白妙(しろ... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1



マナペディア(manapedia)とは?
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。 ユーザーアカウントを作成すると、テキストの投稿やマイリストの作成などができます。
たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりしてみましょう。 あなたの大切なマナビは、世代や地域をこえて、多くの人のためになります!さぁ、今すぐ始めましょう!

新規登録(無料)


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
148,187,840 views (04/26更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari