新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
大きにてよきもの 大きにてよきもの。家。餌袋。法師。くだもの。牛。松の木。硯の墨。男の目の細きは女びたり。また、金椀のやうならむもおそろし。火桶。酸漿(ほうづき)。山吹の花。桜の花びら。 短くてありぬべきもの 短くてありぬべきもの。とみのものぬふ糸。下衆... (全て読む)
26_80
Text_level_1
はじめに 日本は多くの自然に恵まれており、昔から様々な恩恵を受けてきました。 しかし、それと同時に自然災害とは切っても切れ話せない環境にあるということも考えなくてはなりません。 ここでは、我々が直面する自然災害、中でも気象に関係するものについてまとめてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ささふ/支ふ ハ行下二段活用 |未然形|ささへ| |連用形|ささへ| |終止形|ささふ| |連体形|ささふる| |已然形|ささふれ| |命令形|ささへよ| 意味1:他動詞 支える、師事する、持ちこたえさせる。 [出典]:名利に使はれて 徒然草 「身の後に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つとむ/勤む/務む/勉む/努む マ行下二段活用 |未然形|つとめ| |連用形|つとめ| |終止形|つとむ| |連体形|つとむる| |已然形|つとむれ| |命令形|つとめよ| 意味1:他動詞 努力する、励む。 [出典]:塩釜 奥の細道 「人よく道をつとめ、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『匂宮と浮舟』 ここでは源氏物語の「浮舟」の章から『匂宮と浮舟』の「いとはかなげなるものと、明け暮れ見出だす小さき舟に乗り給ひて〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 前回のテキスト 「夜のほどにて立ち帰り給はむも〜」の品詞分解 品詞分解 ※... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
190,002,319 views (07/23更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari