新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
更級日記 母、一尺の鏡を鋳させて 母、一尺の鏡を鋳させて、えゐて参らぬかはりにとて、僧をいだしたてて、初瀬にまうでさすめり。 「三日さぶらひて、この人のあべからむさま、夢に見せ給へ」 などいひて、まうでさするなめり。そのほどは精進せさす。この僧かへりて、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かはる/変はる/代はる/替はる ラ行四段活用 |未然形|かはら| |連用形|かはり| |終止形|かはる| |連体形|かはる| |已然形|かはれ| |命令形|かはれ| 「かはる」には ①変はる ②代はる/替はる があり、それぞれ意味が異なる。 ①変はる 意... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、紀友則によって詠まれた歌で、古今和歌集に収録されている、「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」という歌について説明していきます。 原文 ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ 現代語訳 日の光がこんなにも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 五月にもなりぬ 五月にもなりぬ。十余日に内裏(うち)の御くすりのことありて、ののしるほどもなくて、廿余日のほどにかくれさせ給ひぬ。東宮、すなはちかはりゐさせ給ふ。東宮の亮(すけ)といひつる人は、蔵人の頭などいひてののしれば、かなしびはおほかたの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「見わたせば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける」という歌について説明していきます。 原文 見わたせば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける 現代語訳(口語訳) ここから眺め渡してみると、柳の緑色と桜の色とが... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1



マナペディア(manapedia)とは?
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。 ユーザーアカウントを作成すると、テキストの投稿やマイリストの作成などができます。
たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりしてみましょう。 あなたの大切なマナビは、世代や地域をこえて、多くの人のためになります!さぁ、今すぐ始めましょう!

新規登録(無料)


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
139,352,908 views (01/22更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari