新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
病は 病は。胸。物の怪(もののけ)。脚の気。はてはただそこはかとなくて物くはれぬ心地。 十八九ばかりの人の 十八九ばかりの人の、髪いとうるはしくて、たけばかりに、裾(すそ)いとふさやかなる、いとようこゑて、いみじう色しろう、顔愛敬づき、よしとみゆるが、歯... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『人虎伝』 ここでは中国の説話集「唐人説会」におさめられている『人虎伝』(傪覧之驚曰、君之才行〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。中島敦の短編小説「山月記」はこの話を元に書かれていますが内容が違いますので注意してください。 白文... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 廿五六日のほどに 廿五六日のほどに、西の宮の左大臣、ながされたまふ。見たてまつらんとて、天の下ゆすりて、西の宮へ人はしりまどふ。いといみじきことかなときくほどに、人にも見え給はで、逃げ出でたまひにけり。 「愛宕(あたご)になん」 「清水(きよみ... (全て読む)
18_80
Text_level_1
はじめに イギリスは19世紀後半にヴィクトリア時代という黄金期を迎えます。 この時に互いにライバルとなる二人の党首を長にして、2つの政党が確立します。 自由党 自由党は、ホイッグ党を前身とする政治政党で、主な支持者は振興の産業資本家、いわゆるブルジョワジ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 ついたちの日をさなき人をよびて ついたちの日、をさなき人をよびて、 「ながき精進をなんはじむる。「もろともにせよ」とあり」 とて、はじめつ。我はた、はじめよりもことごとしうはあらず、ただ土器(かはらけ)に香うちもりて脇息(けふそく)のうへにおき... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
194,112,329 views (10/16更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari