新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第1章「学而第一」の第10、「夫子の是の邦に至るや必ずその政を聞く」の解説をしています。ここでは孔子ではなく、孔子の弟子の子禽が、兄弟子(もしくは先生)の子貢に、孔子に... (全て読む)
12_80
Text_level_1
辺の長さと角の大きさの関係 △ABCに 余弦定理を使うと、 a ^{2} =b ^{2} +c ^{2} -2bc \cos A これを変形すると \cos A= \frac{b ^{2} +c ^{2} -a ^{2} }{2bc} a、b、cは辺の長... (全て読む)
11_80
Text_level_1
動名詞の登場 1:My hobby is playing video games. ※私の趣味はテレビゲームをすることです。 2:He usually enjoys climbing on his day off. ※彼は休日にはたいてい登山を楽しんでい... (全て読む)
10_80
Text_level_1
はじめに ここでは中国の詩人であった杜牧の詠んだ、「山行」の書き下し文と現代語訳をしています。ちなみに山行とは、山歩きのことです。秋から冬にかけての寒々とした山に散歩したときのことが書いてあります。ちなみにこの句は、七つに並んだ漢字が四つのブロックからな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おほとなぶら/大殿油 ※「おほとのあぶら」と読む場合や、書籍によっては「御殿油」と記する場合もある。 名詞 意味 宮中や貴族の部屋で灯した油の灯火。 [出典]: 宮に初めて参りたるころ 枕草子 「高坏に参らせたる大殿油なれば、髪の筋なども、なかなか昼より... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 心なき身にも あはれは 知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ 現代語訳 (俗世間か... (全て読む)
7_80
Text_level_1
化合する物質の質量の割合 銅の酸化を考えてみましょう。 銅+酸素→酸化銅 でした。このとき銅と酸素、そして酸化銅の質量の割合は決まっています。銅:酸素:酸化銅=4:1:5と定められています。このようにすべての物質は、化合するときにそれぞれ決まった質量の割... (全て読む)
7_80
Text_level_1
肺循環 全身から二酸化炭素を集めた血液が、心臓から肺にむかって送りだされ、肺で二酸化炭素と酸素を交換して、酸素を大量にふくんだ血液が心臓にもどってくる。この血液の流れのことを、肺循環と言います。 体をめぐった血液は、心臓の右心房に入り、右心室から肺静動脈... (全て読む)
7_80
Text_level_1
このテキストでは、光の性質についてまとめてみます。 光の反射 光の反射の法則 鏡に光を当てた場合、光源から鏡に入る光を入射光線、反射し跳ね返る光を反射光線といいます。 この光の反射には次のような法則があります。 入射光線と反射光線は、鏡の垂線に対して対称... (全て読む)
2_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、中学英語のはじめの一歩であるThis is~,That is ~の文について説明します。 それぞれの意味 まずそれぞれの文の意味を理解しましょう。 This is ~ (これは~です。) 例文 This is a pen.(こ... (全て読む)



知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
207,368,701 views (03/21更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari